WordPressの更新失敗で画面が真っ白になったものを元に戻せた対応方法

20160517_01
Pocket

つい先日、WordPressの更新に失敗して画面が真っ白になりました・・・。今回はそのときに元に戻すことができた対応法となります。



 

WordPressの更新に失敗して画面が真っ白に

久々にWordPressを更新しようと思い、4.2.2 ⇒ 4.5.2 に更新しようと思い「いますぐ更新」ボタンを押したところ、真っ白な画面が表示されてサイトのトップページにアクセスしようとしても真っ白!管理画面にアクセスしようとしても真っ白!な頭の中が真っ白になってしまうような状態になってしまいました。

20160517_02

もちろん、どう対応すべきか非常に困りました・・・。

 

原因の追究

まずはなぜこのような状態になっているかを調べることにしました。
このような状態になっているということはなんらかのエラーが発生しているだろうと思い、WordPressは、デフォルトでエラーメッセージを表示しないよう設定されているため、エラーを表示できる状態にしました。
 
FTPクライアント(自分はFileZillaを使っています)でWordPressをインストールしているフォルダの一番上の階層にあるwp-config.phpというファイルをダウンロードし、define(‘WP_DEBUG’, false); という記述を define(‘WP_DEBUG’, true); に変更してエラーを表示できるようにしました。
 
しかし、画面を更新しても真っ白のままでエラーは表示されませんでした。
 
それならば、プラグインが原因ではないか?と思い、プラグインを停止するためにプラグインに関するデータが入っているフォルダ「plugins」を「_plugins」にしてみました。
 
しかし、画面を更新しても真っ白のままでした。
 
こうなってしまうともう自分にはお手上げで、更新時に何らかの理由によりシステムに関わるようなファイルの中身が壊れてしまったのではないかと思いました。
 

復旧作業の開始

まずは、念のためWordPressをインストールしているフォルダ配下のファイルを全てダウンロードしました。
データさえ無事であればどうにか元に戻せるだろうという考え方です。
 
そしてWordpress 本体をWEB上より入手しました。元の状態で動いていた4.2.2を用意しました。
 
以下のファイルを移行しました。
theme(wpのルートディレクトリ/wp-content/themes の直下で自分が使用していたもの)
plugins(wpのルートディレクトリ/wp-content」の直下にある。)
uploads(wpのルートディレクトリ/wp-content」の直下にある。画像ファイルが入っている)
wp-config.php(wpのルートディレクトリの直下にある)←これがないとデータベースと連携できず、コンテンツが空になってしまう

上記を新wp本体の「wp-content」の直下に保存しました。
(wp-config.phpは新wp本体のルートディレクトリの直下へ保存)
※プラグイン関連でトラブルが起こることは多いため、できるだけプラグインは移行せずに1からインストールし直した方が無難です。
 

元のWordPressを全削除して新wpをアップロード

ここが一番復旧作業で怖い所ではありますが、元のサーバ上のWordPressを全削除します。
 
そして、それと入れ替えるようにして新wp本体(ルートディレクトリ以下全てのファイル)をアップロードします。
 
そのあとにセキュリティのためにwp-config.phpの権限(パーミッション)を変更します。
「400」が一番安全とのことですが、共有サーバーの場合は「400」で設定できない事も多いようなので、WordPress.org では「600」を推奨しているようです。
なお、その他のディレクトリは「705」にし、その他のファイルは「604」に設定するのが適切とのことです。
 
ここまでやってどうにか元の状態に戻すことができました!まぁ、結局WordPressの更新はできていないわけですが、以下の反省点を考慮ののちにまた再度更新をおこないたいと思います。
 

反省点

・Wordpress更新前にバックアップを取っていなかった。
・プラグインを更新していないままWordpressを更新しようとした。
・プラグインを一旦停止しないでWordpressを更新しようとした。
・環境が作れるならローカル環境で更新を行い動作をテストするべきだった。

上記をしっかりやっておくと今回のようなトラブルを未然に防ぐことができます。
 
 
結局、自分はこの一連の復旧作業に3時間を要しました。
この記事によって同様の事象が発生した方の助けになれば幸いです。
 
 



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。