人生が変わる!?パレートの法則(80:20の法則)

Pocket

結果の80%は、原因の20%から生まれるといいます。それはつまり、重要な部分は全体の20%に過ぎない、ということ。その20%を見極め、集中的に取り組むことが、幸福をもたらすことへとつながっていきます。また、味わう幸福の80%は、使える時間の20%が与えてくれます。
 
逆に活動の80%は、結果の20%しか生み出さないので、そうした活動はやめるのが一番いいようです。



 

「パレートの法則(Pareto principle)」とは?

「80:20の法則」ともいわれ、「売上げの8割は2割の社員に依存する」といった傾向をさす。集団の報酬や評価が一部の構成員に集中するという経験則。
 

イタリアの経済学者ビルフレッド・パレート(1848~1923)が1880年代の欧州の経済統計から「個人の所得額」と「その所得額以上の所得を得ている人の数」との間に見出した法則をいいます。
「80:20」の数値に絶対的な意味はなく、集団の報酬や評価の集中傾向を端的に表すにすぎません。その由来について、園芸家でもあったパレートが、エンドウ豆の80%が20%のサヤから収穫されたことに着想を得たともいわれています。

経営用語の基礎知識

 
 

実はほとんどの事象に当てはまる「パレートの法則」

 

たとえば、
 

  • 売上の80%を占めているのは、20%の商品、20%の顧客である
  • 税金の80%は、20%の上位所得者が払っている
  • 営業利益の80%は、上位20%の営業マンが稼いでいる
  • 事故の80%は、20%の部品が原因で起こる
  • 離婚件数の80%を離婚経験者20%が占めている
  • 仕事の成果の80%は、費やした時間の20%から生まれる
  • 試験問題の80%が、その学科に関する20%の知識で十分に答えられる
  • 蟻の群れのうち、真面目に働いているのが80%、働かないのが20%
  • ソフトウェア利用者のうち80%は、全機能のうち20%しか使わない
  • 物事の本質の8割は、2割を見ればわかる
  • スクロールせずに見ることができるコンテンツに80%の時間を割き、スクロール
  • と見られないコンテンツには20%の時間しか割かない

 

などなど・・・。
 
 

20%の力で80%の結果を出す

 
100の手間をかけて100%の結果を狙うのではなく、
20の手間で80%の結果を狙うことが望ましい。

 
たとえば、
 

  • 仕事:20%の力で、80%の出来を目指す
  • 顧客:上位20%の顧客を絶対に逃さないことで、80%の収益を得る
  • テスト:20%の時間と体力で勉強し、80点を取ることを目標にする

 

原則80点しか目指さない

せっかく目標を80点に置いても、それを達成するために20%以上の時間と体力を使ってしまっては、全く意味がありません。「何がなんでも20%の時間と体力で80点の結果を出すんだ」という気迫が必要です。
 

100点を目指すとかえって効率が悪くなる

まず100%を目指すと、20%の力では収まらなくなります。
また、100%に近づくにつれ、効率性が落ちていくことが分かっています。
 
たとえば、
80点を取るために2時間の勉強をしたとします。
90点を取るためにはさらにあと2時間、
95点を取るために更に2時間、
100点を確実に取れるレベルにはそこからさらに4時間は勉強しなければなりません。
 

最後に

「お金とハサミは使いようである。お金の増やし方を知らない人が多いが、80対20の考え方をすると、お金はどんどん貯まるようになる。そして、この世にはお金よりも大切なものがあるとわかってさえいれば、お金はいくらあっても邪魔にならない。」
 

参考記事

 



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。