クリエイティブな才能を開花させるための意外な方法

Pocket

ひらめきを生み出す意外な方法があるとのことなので、紹介します。



 

引用元⇒クリエイティブな才能を開花させるための意外な5つの方法
 

 

鼻を使う

 
とある研究結果によると、ローズマリーの香りを嗅いだ人は嗅いでいない時よりも
高い集中力と認識力を発揮することが分かり、シナモンとバニラの香りも同じように人の創造性を高める力があるとのこと。
匂いは使い方次第で人の創造性を高めることができるもののようです。
 

完全に単調な作業をする

 
単調な作業をすることは人を迷いから解放してくれるようです。
もしも自分の仕事があまりに単調なものならば、それは幸運なことで、
自分が気づかぬうちに何かしらのひらめきを得ているのかもしれないとのこと。
 

テレビを消す

 
とある研究では、知性の低い娯楽を見ると人はばかになる
ことが明らかになっており、反対に知的であったり
クリエイティブであったりするものを見たり読んだりしていれば、
人の行動に良い影響を及ぼすことができる、とのこと。
 

防水性のメモ帳とホワイトボードマーカーを風呂場の鏡のそばに置いておく

 
最高のアイデアは、しばしばシャワーの最中に浮かんできたりします。
そしてそのアイデアは、タオルで体を拭いてメモを取ろうとしている間に
忘れてしまうことが大半。
シャワー中のひらめきを逃さないように、防水性のメモ帳に
すぐにひらめいたことをメモするといいそうです。
 

手書きする

 
手書きで何かを書くと、何かしらのデバイスを使って書くときよりも、
頭の中に考えが残ります。ペンで何かアイデアやフレーズを書くことは、
それらをより成長させるチャンスにもなるのに対し、
スクリーン上で文字を入力してもデリートキーの連打で
文字と一緒にアイデアは一瞬で消えてしまうものです。
なので、より頭をフル回転させたいならば手書きを選んでくださいとのこと。
 
以上となります。みなさんもひらめきが欲しいときは、
上記の方法をためしてみてはいかがでしょうか。
 



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。