いらないものを捨てだすとお金がたまる

PPC_1manensatu4mai500
Pocket

こちらの記事はサイトリニューアルにつき、
まほろば自然彩園へ移動致しました。

 
※「まほろば自然彩園」にページが移動します。



 
 
 

3.必要・不要・仕分けの3つに分けると本当のゴミが見えてくる

 
迷ったら捨てろ、と言われましても、私のような捨てられない人間は迷いっぱなしです。
そんな時は迷ったモノを入れる為の箱を用意し、迷ったらとりあえずこの箱に入れときます。確実に不要なゴミは「不要」の箱に、必要な物は「必要」の箱と、どんどん振り分けていく。あとで「仕分け」に入れたモノをもう一度同じ手順で振り分ける。
 
捨ててるうちに、だんだんと「仕分け」に入ってるモノも、ゴミに見えてくるんだよね。
なんであんなに大事だったのかさえ、分からなくなっちゃうから不思議だよね。
 
 
 

4.貧乏人の家にはモノが多い

 
ドラマや映画で貧乏な家を演出する時は、ごちゃごちゃとモノをたくさん置いてます。
逆にお金持ちの家を演出する時は、モノを少なくスッキリとさせます。
 
ごちゃごちゃいっぱいある家は「貧乏人の家」なんですね。
 
 
 

5.いらないものを捨てだすとお金がたまる

 
古いものや使わないもの、その中からいらないものを捨てると、実は8割がた、いらないものだったりする。
いらないものを捨てだすと、人は必要なものしか買わなくなります。そうするとおのずとお金がたまっていくわけですね。
 
 
 

6.事故る車には特徴がある

 
警察官の話。事故る車には特徴があって、9割がたは余計なモノが置いてあったり、とにかく車の中が汚い。きれいにしている車で事故に遭うというのはあまりないそうな。
 
それと殺人事件や何かの事件があると、マスコミの人たちが現場に取材に行くけど、ベテランになってくると外から見ただけで、どこの家出殺人事件があったとか、どこで事件があったとか、すぐに分かるそうな。事件の起きた家はベランダとかがゴミだらけ、モノがごちゃごちゃ置いてあったり、とにかく汚くしているからと。
 
 
 

7.「整理する」ではなく「捨てる」

 
やはりなんといっても、これが基本ですね。

 
うーん、掃除は奥が深いですなぁ。

 
 
 

 
–>

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTONOSTをフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。